« 夏休み絵日記・1955 | トップページ | コーンウオール地方・Port Isaacの入り江 »

2010年7月28日 (水)

夏休み絵日記・1955

Rimg26021

「7月28日。きのうのゆうがたぼくはきのひくいところにせみをみつけたのです。すぐあみをもっていってとろうとしたらにげられました。それからおそくなってからおきゃくさんが三にんきました。けさはやくおきゃくさんのくにおさんがあぶらぜみをとってくれたからぼくはうれしかった。それからべんきょうがすんでからとんぼやおにむしをとりました。おわり」

1955年の絵日記の続きです。従兄の高野都夫さん家族がやってきて虫取りをしてくれたようです。自然環境に恵まれていた久我山の住まいの周辺は、神田川の崖地の南側という条件もあって、植物・昆虫からリス・ムササビ・フクロウまでが共存していたところで、針葉樹の枯葉が何十年も堆積して箇所を歩くとクッションのように具合の良い感触が長靴を通して伝わってきました。

|

« 夏休み絵日記・1955 | トップページ | コーンウオール地方・Port Isaacの入り江 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/33568014

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み絵日記・1955:

« 夏休み絵日記・1955 | トップページ | コーンウオール地方・Port Isaacの入り江 »