« 同時代とは云うものの。 | トップページ | 夏休み絵日記・1955 »

2010年7月26日 (月)

1958 新橋 

1949 外堀通りの52年前です。新橋の街中は遮るほどの高層ビルもなく、差すような夏の陽射しで目も眩むばかりです。あまりの暑さからか、表通りに人はまばらで、皆さん、この近辺にいっぱいあった喫茶店に駆け込んで、レコード鑑賞などをして、一服でもしているのでしょう。

今もかわらないサラリーマンの宝庫、新橋の裏通りは、よくぞここまでと思いたくなるほどの飲食店がありますが、時代の流れの影響を被る店もあれば、代々の家訓を大切に誠実に固く商い続ける店もあり・・・、と、夫々の時代認識が運を逃すか、取り込むか、・・・なかなか難しいポイントであります。

さて、だいぶ前に汐留に出来た高層ビル群の御蔭で、新橋地域はヒートアイランドの影響をまともに被り、只でさえ熱い新橋サラリーマンの盛り上がりは、この夏もさらにヒートアップしているに違いありません。

|

« 同時代とは云うものの。 | トップページ | 夏休み絵日記・1955 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1958 新橋 :

« 同時代とは云うものの。 | トップページ | 夏休み絵日記・1955 »