« A.P. Carter | トップページ | 涼を求めて逃げ込むと!。 »

2010年9月 4日 (土)

1950年 初めての自転車経験

101950 1950年(昭和25年)の夏、杉並区久我山の玄関で、父と自転車に乗って出かける写真は、田村茂さんがライカで撮影したものです。

父は戦前から画家を目指し、小石川にあった川端画学校で修業し、その後ベルリンに留学し、当時の藝術・科学・文学の新潮流を体感しました。帰国後は雑誌の編集などをしつつ全国の風景画を描きました。太平洋戦争末期には報道班員・従軍画家として長沙・桂林・湖南・廣西作戦などに従軍し、一時は危ういところだったそうですが、持ち前の不屈根性が功を奏し、無事日本に還ることができたのもつかのま、家系の関係から出版編纂の仕事を40年近く続けることとなりました。この写真は、出版に関わり始めた頃の一枚で、父の顔も安堵感に溢れています。

暇があると、父は私を自転車に乗せて近くの玉川上水の脇道を走ってくれました。この道は井の頭公園まで、じつに豊かな野趣に富んだ雑木林が連なり、戦前からの洒落た洋館も点在していて、ちょっとした郊外別荘地の薫りが遺されていました。春は桜の木が満開となり、そこを走ってもらうのが嬉しかったようです。中学高学年になり自転車通学が許可されると、遠回りなのですが、快適な玉川上水脇を通り井の頭公園経由で学園まで通っていました。

余談ですが、1966年の名建築・篠原一男氏作 『白の家』 もこの玉川上水沿いに建っていましたが、道路拡張計画で2008 年に移転してしまいました。http://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/html/housou/09/090531.html

父は生涯ヘビースモーカーで、小さい頃はピース両切り缶を何処に行くにも持ち歩き、ジャケットやズボンのポケットはいつも不思議なカタチで膨らんでいて、ペダルを踏むたびに私のお尻に当たるのを覚えています。背景の竹の垣根は、この三年後、家の改築に伴い当時の先端素材・ブロック塀となってしまいましたが、私はこの垣根の雰囲気を好んでいたらしく、幼くして既に、侘び寂び派であったのです。

|

« A.P. Carter | トップページ | 涼を求めて逃げ込むと!。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/36484545

この記事へのトラックバック一覧です: 1950年 初めての自転車経験:

» 激似AV!前田敦子そっくり! これなんてCG? [コラかフォトショかCGか!?前田敦子にそっくり過ぎ激似AV!]
前田敦子にそっくり過ぎて話題騒然な激似AV! これで加工されてないというのはマジですごい! [続きを読む]

受信: 2010年9月 4日 (土) 午後 01時28分

» AKB48中西里菜(やまぐちりこ)AV第3弾サンプル動画 [元AKB48中西里菜(やまぐちりこ)AV第3弾アリスjapan]
元AKB48中西里菜(やまぐちりこ)AV「本能を呼び覚ます濃厚なる4つのSEX」アリスjapan [続きを読む]

受信: 2010年9月 5日 (日) 午後 11時25分

« A.P. Carter | トップページ | 涼を求めて逃げ込むと!。 »