« 皇居の松から丸の内。 | トップページ | COW BOOKS 目黒川沿い。 »

2010年10月17日 (日)

1969 LIFEを飾った Johnny Cash

Johny_cash_life_1969 甘いスチールギターとフィドルの演奏をバックに、いかにも田舎のイカスお兄ちゃんといった感じの歌手が跋扈していた1960年代始めのカントリーミュージック界では、サンレコードの辣腕プロデューサーによってプレスリーhttp://www.youtube.com/watch?v=pZWXpmbu4Z4&feature=related 他の新人歌手とセットでロカビリー歌手としてスタートし、その後、黒の衣装と独特のだみ声を売りにしてスターダムにのし上がったジョニーキャッシュは、まだまだ目つきが鋭すぎて、浮いた存在でした。http://www.youtube.com/watch?v=CNsG1QfvqiI&feature=related

シンガーソングラーターとして、優れた曲を書ける才能を持ち、さらに、プロデューサーセンスもあったのですから、野心満々、1960年代後半にはボブディランなど、他ジャンルの歌手とのコラボもこなすなど、その行動半径と人的ネットワークは人種・ジャンルの枠を超え、一所に納まろうとするほど田舎染みてはいなかったのです。

圧倒的な存在感とオリジナリティは、強いアメリカのアイコンにも成り出し、ついに、1969年11月29日号のLIFE誌では表紙を飾るにいたり、その人気は国民歌手として、真のCountry Singerとして、亡くなるまで続いたのです。

ジョニーキャッシュのバンド・Tennessee Twoのやる気が湧いてくるリズムは、大陸横断鉄道の蒸気機関車からインスパイアしたものといわれ、今も、そのサウンドはご機嫌で、ついつい、自動車のスピードを加速しがちであります。

ジョニーキャッシュの定番・鉄道系です。http://www.youtube.com/watch?v=KWasT7HK_KY&feature=related

彼女の支えがあってこそ、頂点に上りつめたといわれる、愛妻・ジューンカーターとのデュエットです。http://www.youtube.com/watch?v=QJi_a0fkXIM&feature=fvw

Nitty Gritty Dirt Bandの名盤のDVDから。http://www.youtube.com/watch?v=7bRJLkNqNXI

ジョニーキャッシュをスターにした名曲・I Walk The Line です。彼のギターに紙が挟んでありますが、最初のバンドではスネアドラムを雇うお金がなく、このアイディアでギターリズムをスネアドラムに変換しています。http://www.youtube.com/watch?v=CctaP71iNuQ

|

« 皇居の松から丸の内。 | トップページ | COW BOOKS 目黒川沿い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/35334622

この記事へのトラックバック一覧です: 1969 LIFEを飾った Johnny Cash:

» 米歌手J・キャッシュの衣装やギター、12月に競売へ [サッカーはエンターテインメントだ! ]
[ロサンゼルス 25日 ロイター] 米カントリー歌手の故ジョニー・キャッシュさんのギターや衣装などが、12月にロサンゼルスで競売にかけられることが分かった。競売元のジュリアンズオークションが25日に発表した。... [続きを読む]

受信: 2010年10月27日 (水) 午前 10時19分

« 皇居の松から丸の内。 | トップページ | COW BOOKS 目黒川沿い。 »