« ススキがようやく。 | トップページ | 皇居の松から丸の内。 »

2010年10月15日 (金)

PACIFIC FURNITURE SERVICE

Rimg31886_3

Rimg31883_2

ファストファッションと称されるケミカルな色と素材が街中を席捲していて、そのけばけばしさが街の風情にも悪影響を与えているなあ・・・、などと街を徘走しつつ感じていたのですが、涼しくなり出し目立ち始めたのが、重装備で剛毅な雰囲気の男性諸君です。

私世代には懐かしいAmerican Heavy Dutyとニッポンの伝統技術とを組み合わせたような雰囲気の皆さんが神宮前・代官山界隈のそれも表通りから一歩奥に入った店の周辺に目だっています。皆さんの履きこんだ靴の素晴らしさが、イモムシのようなスニーカー系とは違い、正に、地に着いているのであります。

さて、先日、目黒から恵比寿に抜ける快適な尾根道を走っていると、PACIFIC FURNITURE SERVICE http://www.pfservice.co.jp/top.html が店をオープンした時間に出会いました。リビングの世界もファッション同様、IKEAとニトリに席捲された状況であるものの、ここは頑なにAmerican Hard Wareの路線を一途に維持しています。

この日から始まったLAUNDRY CARTの準備で開店後も納品業務に追われるなど、その適当感覚も恵比寿系でありますし、スタッフの風貌はまったくの恵比須顔と相反する強面系であります。近くのPACIFIC PARTS CENTERはアメリカの片田舎にあるGeneral Storeに迷い込んだ雰囲気に満ちていて、店内の雑貨からドアノブ・フックなど、トラッド感覚だけの臭いがたまりません。純粋道具だけの変哲のない店でありますが、いつもここは時代に奢ることなくマイペースなのです。あえていうならば『米国民芸』店なのです。

この店に合うHard Ware的音楽でも・・・。http://www.youtube.com/watch?v=izfkFh1X9O4

http://www.youtube.com/watch?v=xYiGseDnSAo

http://www.youtube.com/watch?v=lzNPE9-o2gM

|

« ススキがようやく。 | トップページ | 皇居の松から丸の内。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/37148528

この記事へのトラックバック一覧です: PACIFIC FURNITURE SERVICE:

» 革靴ブーツクリーニング情報ネットナビ [革靴ブーツクリーニング情報ネットナビ]
革靴ブーツクリーニングの情報です。 [続きを読む]

受信: 2010年11月 2日 (火) 午後 03時54分

« ススキがようやく。 | トップページ | 皇居の松から丸の内。 »