« 池田弥三郎 『食前 食後』 | トップページ | 1956 社会科のフィールドワーク。 »

2010年10月 5日 (火)

自転車乗りには絶対!はらドーナッツ

Rimg31635

Rimg31637

Rimg31638

古いまま硬直化していた世界が自然発生的に今様の輝きを生み出したか思うと、時代感性に優れた少数の顧客が集まりだし、遅れて不動産・商業関連の皆さんが名を名乗らずに密かにマーケティングの情報収集と称して、店舗を構えたものの、顧客嗜好動向の情報に鮮度が失せだすと撤退!!!。このサーキュレーションは東京に限らず、全国の商業トレンド地域の宿命なのです。

ここ目黒通り・元競馬場辺りも一時の長閑な気配が動き出し、ずいぶんときちんとした店構えが増えだし、自転車で流していても、ピーンとくる店のオーラが外から観えず、通り過ぎてしまうだけになってきました。それでも、はらドーナッツ http://haradonuts.jp/ が開放的な店を開けているだけで、小休止してしまいます。すっかりメジャーとなったこの店ですが、今も素直でかわいい店員さんが汗だくのジャージ姿の中高年にやさしく、「今日はどちらまで行かれたのですか」・・・と一声をかけてくれます。周辺には、気取った店が増えだしたにも関わらず、この店のフレンドリーな店員さんの笑顔は、多くの地元の皆さんの共感をも取り込んでいます。

ここのドーナッツはお腹にもたれず、都心から帰りがけの一服基地として、絶妙な場所にあります。山手通りから世田谷に向うには駒沢通りの道幅の狭さが気になって以来、遠回りでも開放的な目黒通りを通りますから、この店ではすっかり覚えられてしまいました。

|

« 池田弥三郎 『食前 食後』 | トップページ | 1956 社会科のフィールドワーク。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/36971343

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車乗りには絶対!はらドーナッツ:

« 池田弥三郎 『食前 食後』 | トップページ | 1956 社会科のフィールドワーク。 »