« 引き算の美!。 | トップページ | 秋めいてきてご機嫌です。 »

2010年10月 1日 (金)

TWEED RUN 2010

Tweedrun211_2

Hn_tweed_run_21_2

6457

この楽しそうな集まりの写真を観ていると、来るものが来たな・・・、と思ってしまいました。

私が、自転車に興味を抱き、学校の帰りにほぼ毎日立ち寄っていた「東京サイクリングセンター」には周りの自転車を圧倒するかのような美しい自転車が何台か飾ってありました。フランスのReneHerse,イギリスのRaleigh、まったくタイプの違う自転車ながら、その輝く塗装・独自のネジ・独自の変速機・そして独自の風貌・・・、この世界に魅せられ、とうとう半世紀近くになろうとしています。

TWEED RUN 2010 http://tweedrun.com/ を観ていると、あの、Frank Pattersonさんの描く世界丸写しのようで微笑ましくなります。若い世代を中心に始まったこのイベント。当初はしゃれでスタートしたものの同調者の多さにこれだけの宴となったのでしょう。皆さん、好感の持てる人ばかりで、ファッションを見るとクラシックな方から今風のトレンド好きな方も混ざり合っているようですね http://www.youtube.com/watch?v=DjuRU5HdxcU&feature=related  http://www.youtube.com/watch?v=qT2GlewwFl4&feature=player_embedded http://www.youtube.com/watch?v=xb1ccVk22Qc&feature=related

 クラシックカーの世界にもこのタイプの集まりがあり、10月9日明治神宮前をスタートしますが、イマイチ、俗っぽさが払拭できず、観ていて恥ずかしさが残ります。自動車より維持管理の簡便な自転車ですが、ワクワク感の濃さでは数段上をいってますね。

3年ほど前から都心のメッセンジャーの諸君の雰囲気が、クラシックタイプとレーサータイプに分かれ、そうこうしてる内、クロモリフレームの再浮上などあり、世界的にもクラシック回帰の下地はあったのです。

東京都心で、このようなスタイルで自転車を愉しむなら、先ずは、日本橋・本郷界隈・谷中・上野・神田が本筋でしょうし、ちょっと今風の雰囲気を味わうなら目黒・恵比寿・中目黒などがピッタリでしょう。何れも、住宅街に渋い茶店ときちんとして本屋のあることが、こういう格好に相応しい処と言えるでしょう。乗物・人物・ファッションが一体化した美しい状態は自転車の独壇場で、走る姿は町の環境さえも左右してしまいますから、秋から来春まではこの雰囲気の方々が溢れそうであります。

自転車をきれいに磨き上げ、ようやくやってきた秋をひたすら堪能することにしましょう。

|

« 引き算の美!。 | トップページ | 秋めいてきてご機嫌です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/36588487

この記事へのトラックバック一覧です: TWEED RUN 2010:

« 引き算の美!。 | トップページ | 秋めいてきてご機嫌です。 »