« Rene Herse 普段の自転車にも品格が。 | トップページ | 魚眼の見え方 »

2010年12月17日 (金)

等々力の住まいかた。

Rimg33419用賀中町通りという、馬事公苑から上野毛通りの玉川警察署まで繋がる道路があります。用賀から目黒通りに抜けるにもこの道が一直線に近いものですから、頻繁に通ります。玉川署の信号をそのまま直進すると等々力三丁目となり、いきなり急坂のアップダウンが始まって、此処は自宅から最も近場でヒルクライムの穴場であります。

周囲は落ち着いた住宅街ですが、その中でも際立って美しく住居・庭が手入れされた和風住宅があり、私の知る限り、目黒・世田谷界隈ではダントツの『きちんとしたあるべき姿』を魅せてくれてます。

住まいとは、手入れ・掃除・補修など普段の心がけしだいでその耐久年数にも大きな差がでるそうですが、さしずめこの住まいは、春夏秋冬、その植栽が四季の薫りを放ち、周辺の皆さんも、きっとこの御宅の主がもつ住まいへの慈しみを感じ入っているに違いないのです。

もうすぐ紅葉もなくなりそうですが、サツキの緑にそっと落ちたもみじの葉、竹垣、大谷石、住居とのコントラストがこれほど自然体でみごとなハーモニーを奏でているとは・・・、いやはや、気持ちよいものであります。

|

« Rene Herse 普段の自転車にも品格が。 | トップページ | 魚眼の見え方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/38099694

この記事へのトラックバック一覧です: 等々力の住まいかた。:

« Rene Herse 普段の自転車にも品格が。 | トップページ | 魚眼の見え方 »