« 1889年 ニコライ堂の足場からの絶景。 | トップページ | 1970年代・地道なデザイン。 »

2010年12月 1日 (水)

表参道便り。

Rimg33091

Rimg33106

秋の気配は一月遅れというか・・・、それほど今年の「秋彩る」は遅いのであります。逆に、仕事の方は重複によって、あっという間に年の瀬に迫ってきた感があります。

久しぶりの表参道の散策を楽しんだのですが、美しい秋の紅葉も、背景のガラスとメタリックなビルではその美しさも半減します。青山通りから明治神宮まで歩いてみても、街並と紅葉のベストアングルを見つけることが難しく、とうとうローアングルでオリンピアコーポを背景に欅の紅葉を逆光でスナップするしかありませんでした。取り壊しの噂も飛び交うこのマンションは1965年に完成し45年経過したのですが、今もそのモダンな姿が経年変化によっていっそうシックな風情となり、落ち着いた姿を醸しだしています。特に、参道に対し角度をつけた窓の姿が、何ともいえない雰囲気であります。

午後の時間は表参道側を歩かないとお日様の恩恵も受けられず、又、青山通りまで徒歩で戻り、大好きなDragonfly CAFEにて此処の人気メニュー、カレーライスをいただきました。ZUCCA http://www.zuccone.com/index.html のあるビルの二階にこっそりと営業しているこのお店は、ベランダでのんびり過ごすことが出来、風通りの良い素晴らしいロケーションを愛するお客さんで昼時は混んではいますが、それ以外は比較的静かな雰囲気です。帰り際、隣接するCOW BOOKSの古書を見回すと、店主・松浦弥太郎さんのお目にかなった三月書房の随筆シリーズ、吉田健一さんの単行本が充実していました。醜い物買い客ばかりが目立つ表参道から一歩奥に入るこの界隈は、長閑だった昔の南青山の気配が遵守され、落ち着いて気持ちよい散歩道でもあります。

|

« 1889年 ニコライ堂の足場からの絶景。 | トップページ | 1970年代・地道なデザイン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/37900783

この記事へのトラックバック一覧です: 表参道便り。:

« 1889年 ニコライ堂の足場からの絶景。 | トップページ | 1970年代・地道なデザイン。 »