« 2011 DIARY | トップページ | 可愛いクロックです。 »

2010年12月 9日 (木)

郵送物のデザイン。

Rimg29176

伊東屋に行って、正統な文具・専門性の高い品揃えが少なくなったことを嘆いているご同輩も多かろうと思いますが、この大店でさえも、女性をターゲットにせねばならなくなってきたこのご時勢は、少し哀しいものがあります。Rimg29177 一般文具のフロアーなどは、もう問屋任せなのか、ちょっと専門的な質問をしてみても、すぐカウンターに入ってカタログやモニターを食い入るようにチェックしてから、空振りの答えをする始末。この傾向は2年ほど前から顕著になりだし、私世代の得意客はいっせいに伊東屋から足が遠のいたという話であります。

さらに、一階のプロモーションスペースでは4年ほど前に開催されたフライターグの展開を最後に、ワクワクするイベントは消え、ブランドの確かな筆記具などの催事ばかりが増えてしまい、これも足を遠のかせた大きな一因であります。

この写真のような世界の郵送物の展示などは、以前であればプロモーションスペースの企画会議の俎上に乗ってもおかしくない内容ですが、売上至上主義となってしまった今の状況では、一発で却下されること間違いなしです。

この小包ボックスや配送伝票を見ていると秀逸なデザインが多いのにびっくりします。きちんとしたディレクションのもと、色彩設計とフォントの美しさは、コレクションのし甲斐がありそうですね・・・。

|

« 2011 DIARY | トップページ | 可愛いクロックです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/35667648

この記事へのトラックバック一覧です: 郵送物のデザイン。:

« 2011 DIARY | トップページ | 可愛いクロックです。 »