« 1959 サザエさん。 | トップページ | 捨てないで貼り込む。 »

2010年12月28日 (火)

日本橋 駿河町

1874

2

江戸から東京に変わっても、富士山の絶景を望む人気スポットであった日本橋・駿河町の三代広重による景色です。清水喜助設計の為替バンク三井組ハウスは 明治7年2月に竣工し、その西欧姿はますます人気スポットとなり、そのおかげで、三越も大繁盛というわけです。

剛毅な日本の商家とのコントラストは当時としては破格の組合せで、当然、賛否両論もあったのでしょうが、時の勢いは欧化に重心が傾き、次々と重厚な西欧建築物が建っていきましたが、構造が木造というものも多く、多くは関東大震災までの寿命でもありました。

この景色の場所は今や、その片鱗のカケラもなく、日曜などはひっそりとしていますし、当然、皇居、富士山など見えるわけなく、日本人が生活でだいじにしていた気の流れも途絶えているような高層ビルの陰が哀しげであります。

|

« 1959 サザエさん。 | トップページ | 捨てないで貼り込む。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/35817580

この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋 駿河町:

« 1959 サザエさん。 | トップページ | 捨てないで貼り込む。 »