« 金柑は眩しい。 | トップページ | 1971 神田川 久我山二丁目 »

2011年1月22日 (土)

谷内六郎 『雪』 1949

1949 この絵はシンプルな描き方にもかかわらず、そのイメージの広がりに、全身が深く吸い込まれるようです。

少女が窓越しに舞い降りる雪を、憧れるバレリーナと想像したファンタジーな世界に惹き込む谷内さんの発想は、日常の生活から独特な詩情が生まれるため、誰しもがそのテーマとモチーフを理解することが出来るのです。あの週刊新潮の叙情的表紙には、多くのサラリーマンが水曜日・朝のKIOSKで癒された筈です。

私などはこの絵を観ていると、戦争映画『地上最大の作戦』に登場する落下傘部隊の映像を思い出してしまいます。あの場面では、落下傘が真っ黒な背景に白く浮き上がり、その姿は牡丹雪のように見えたのです。

不透明水彩絵具を駆使していても、画面は奥の奥まで見通せる透明感で溢れていますね・・・。

|

« 金柑は眩しい。 | トップページ | 1971 神田川 久我山二丁目 »

コメント

遅くなりましたが本年もよろしくお願いいたします。
ことしはとくに冷込みが厳しいのでこのような絵を見ると「ホット」しますね。

投稿: たかさん | 2011年1月22日 (土) 午前 08時30分

風が冷たく、自転車も休眠状態です。
今年もよろしくお願いいたします。alpshima

投稿: たかさんさま。 | 2011年1月22日 (土) 午後 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/38187441

この記事へのトラックバック一覧です: 谷内六郎 『雪』 1949:

« 金柑は眩しい。 | トップページ | 1971 神田川 久我山二丁目 »