« この世界も古さに頼る。 | トップページ | 高輪鉄道錦絵 1871 »

2011年1月16日 (日)

1954年 父のお面

Rimg25977

小学校に入学した1954年(昭和29年) http://www001.upp.so-net.ne.jp/fukushi/year/1954.html のクリスマスに開かれた会は、独り、あるいは仲間が必ず、プレゼンテーションをしなければならず、かなりプレッシャーもあったと記憶しています。3411954五人の男子は、皆、井の頭線で通っていた仲良しグループで、犬のお面を被ってますが何の出し物だったかは覚えてません。それでもこの会の前夜、父は厚紙で犬のお面を作ってくれ、最初は画家の手によるものらしく立派な顔つきのお面でしたから、母や私がNGを出し、数回試作した結果、このような、それなりの子供風お面と相成ったのであります。

絵日記をはじめ、私の小学校時代の記録をことごとく保管していた父ですが、このお面まで取っておいてくれたとは、嬉しいことです。おそらく、最初で最後の息子への工作物だったからかも知れません。

|

« この世界も古さに頼る。 | トップページ | 高輪鉄道錦絵 1871 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/36106830

この記事へのトラックバック一覧です: 1954年 父のお面:

« この世界も古さに頼る。 | トップページ | 高輪鉄道錦絵 1871 »