«  瀬戸黒茶碗 加藤唐九郎 昭和36年 | トップページ | American Roadside Artifacts »

2011年1月 7日 (金)

2k540 AKI-OKA ARTISAN

Rimg33806

Rimg33809

Rimg33811

Rimg33813

Rimg33810 JR東日本都市開発プロデュースによる、『ものづくり』をテーマにした商業施設が、山手線・秋葉原駅と御徒町駅間のほぼ中間点、蔵前橋通と交差する高架下に誕生しました。

施設名 2k540 AKI-OKA ARTISANとは、JRが起点とする東京駅から2k540mに位置する施設で AKIHABARA と OKACHIMACHI の間にある職人ARTISANの街という意味です。http://www.jrtk.jp/2k540/

工房と店舗が一体化した手作り商品から、受発注も可能なメーカーのパイロットショップまで、その業界・業態もバラエティに富むぶん、徘徊する側には面白い発見が多発しそうです。此処は東京の職人のものづくりだけかと思っていると、九州・福岡の高取焼窯元なども出店していて、意外性も持ち合わせています。まだまだ、商業環境としては未熟なことも多く、徐々に是正されていくことでしょうが、先ずは、このような環境をJRが支援したことは大いに、評価されて良いのでは・・・、と感じたのであります。

世界的に手作りが見直されるなか、若い世代が伝統性と斬新性の交響という大テーマに挑戦し、先ずは、此処から世界に飛び立っていくことを期待したいものです。

|

«  瀬戸黒茶碗 加藤唐九郎 昭和36年 | トップページ | American Roadside Artifacts »

コメント

TOIQUE なる「大人の秘密基地 おもちゃカフェ&バー」があるようですね。行ってみようと思っています。
http://www.toique.com/index.html

投稿: AKi | 2011年1月 6日 (木) 午後 11時41分

場所的には微妙な感じですが、コンセプトは面白そうですね、私も出掛けて見ます、
国鉄時代から出入りしていた各種業者たちは最近ではJR の担当者と会うことすら
ままならないとのこと。
本郷の大学のエリートさんが大活躍のようです。

新幹線が JR東の路線であれば、少なからず方向性は
異っていたとも思います。

線路の下のゴミ 埃もこの企画に負けずに綺麗にして
貰いたいものです。

投稿: JP | 2011年1月 7日 (金) 午前 07時02分

駐車場・倉庫だけで機能していた場所が、今後もこのようなかたちで開放されていくことは悪い話ではありませんね。alpshima

投稿: Akiさま。 | 2011年1月 7日 (金) 午前 08時04分

周辺は活性化しだしたのに、このエリアは宝飾問屋街としての固定客のみがうろうろしていたのですから、高架下が先ず集客装置として潤えば、成功でしょうね。alpshima

投稿: JPさま。 | 2011年1月 7日 (金) 午前 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/38364064

この記事へのトラックバック一覧です: 2k540 AKI-OKA ARTISAN:

«  瀬戸黒茶碗 加藤唐九郎 昭和36年 | トップページ | American Roadside Artifacts »