« 絵葉書・1955 陸前高田市 広田町 | トップページ | やっと初乗り!。 »

2011年1月12日 (水)

傑作な「コミュニケーション事典」の切口

Rimg30184

Photo

バブルの時代は、功罪が混交しあい、マスコミ的には、ただの悪ふざけの時代と一喝されてますが、金の有り余った時代には思わぬ副産物も生まれました。誰も買いそうも無い地味な事典ですが、これが大傑作!。その切口は鶴見俊輔・粉川哲夫の編集により人間をも、場として位置づけ、そこに集まる・集められる一切合財をコミュニケーションとして言い切ったことが、この事典を独断ながら普遍的価値のある一冊として、今も色褪せないのです。特筆すべきは、この事典に協力した執筆者にはアカデミックな学者が殆ど登場せず、史観に一家言もちつつ現場で叩き込んだ実体験のある人が圧倒的ですから、風俗事典としての読み物として、昨今の小説よりも格段と面白いのであります。http://www.rakugo.com/furuya/whycom.html

|

« 絵葉書・1955 陸前高田市 広田町 | トップページ | やっと初乗り!。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/35992428

この記事へのトラックバック一覧です: 傑作な「コミュニケーション事典」の切口:

« 絵葉書・1955 陸前高田市 広田町 | トップページ | やっと初乗り!。 »