« 『吹雪』 鼠志野 加藤唐九郎作 | トップページ | 侘び寂び貨物車輌 アメリカン »

2011年1月30日 (日)

広重・雪景 トリッキー

Photo_2 和漢朗詠集『雪中山水之図』と題されたこの画面は、実在したものかどうか、わかりませんが、かなり、広重お得意の民家の屋根と雪山を相似形に見立てた感があります。いってみれば、広重の様式美でありますが、バランス感覚に長けたセンスがここにも生かされています。

装飾的に配置された山の斜面の松のあしらいがあってこそ、この画面に緊張感が立ち込めています。

蓑を着た人はすっかり冷え切った体に鞭を打って、民家までもうひと息といった処までやって来ました。橋の向こうの民家は無機的に描かれているものの、人気を感じてしまうのは、観る者がこの旅人の気持ちに乗り移ってしまったからでしょうか・・・。

|

« 『吹雪』 鼠志野 加藤唐九郎作 | トップページ | 侘び寂び貨物車輌 アメリカン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/36261532

この記事へのトラックバック一覧です: 広重・雪景 トリッキー:

« 『吹雪』 鼠志野 加藤唐九郎作 | トップページ | 侘び寂び貨物車輌 アメリカン »