« Boston Harvard Square | トップページ | ホットドッグはTully's Coffeeで決まり! »

2011年1月 1日 (土)

余計なものなどひとつもない。

Photo 2011年 明けましておめでとうございます。今年も拙ブログをご贔屓に宜しくお願いいたします。

さて、ここ数年、魅力の乏しい商業環境ばかりが台頭したものの、地道なものづくりを放棄したセレクトショップばかりがもてはやされ、方やユニクロ系のファストファッションも商品の魅力など無きに等しく、街中がユニクロだらけの往来となっては、ピークも過ぎたのではと勘繰り、そろそろ、剛毅な感性の商品開発が生まれそうな気配があるのでは・・・、などと思っています。

まあ、世の中は徒然なるままという如く、なるようにしかならないのですから、重箱の隅を突っつくことは止めにいたしましょう。

先ずは元日に相応しい、1946年にGHQのカメラマン、ディミトリー・ボリアさんが撮影した、片瀬江ノ島から望む富士山です。江ノ島界隈も、今や短絡的観光振興の発想で、ばらばらな建物、色彩監理のない街並など、私など居るだけでくたびれてしまいますが、この頃の光景は、広重の描いた世界と何ら変っていないのです。和船からよしずの小屋にいたるまで、凛とした自然の素材感が、柔らかい穏やかな景観をいっそう惹き立てています。

江ノ島水族館にはじまり、集客のアイディアを出し切ったものの、落ち着きのない観光地になってしまった江ノ島ですが、この写真は江ノ島神社の神聖な庇護を受け、神様のおかげで生きているといった素朴な信仰心の強い人々で溢れていた、最後の時代の記念かも知れません。

私の住んでいた杉並区久我山からも、昭和30年代までは富士山を望むことができ、夕陽のシルエットとなった漆黒の富士山は、広重の描く富士山とまったく同じでありました。

|

« Boston Harvard Square | トップページ | ホットドッグはTully's Coffeeで決まり! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/35954824

この記事へのトラックバック一覧です: 余計なものなどひとつもない。:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/01/01 09:01) [ケノーベル エージェント]
杉並区エージェント:あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。ご訪問をお待ちしています。... [続きを読む]

受信: 2011年1月 1日 (土) 午前 09時02分

« Boston Harvard Square | トップページ | ホットドッグはTully's Coffeeで決まり! »