« 1970年代 雑貨デザイン | トップページ | 量産的デザイン。 »

2011年2月26日 (土)

226事件の日・表参道

226

雪が積もり、泥んこ道となってしまった景色を観ていると、子どもの頃、久我山の美しく静寂な雰囲気とはかけ離れた、交通の便や食材の配送の遅れなど、生活に支障をきたしたできごとが思いだされます。昭和32年頃、大雪が降り、久我山駅に向かう道もまだ舗装されず、急で狭い坂道を上り下りする通勤通学の人々があっちでスッテン、こっちでスッテンと、まるでマンガのような光景が展開していました。

この写真は、あの226事件の日、表参道・同潤会アパートから撮影された一枚ですが、右のベランダが写っていることにより、スクープ写真、または、必死の覚悟で撮影された・・・、などとキャプションのひとつも付いてよさそうな画面構成になっています。反乱軍が写っているわけでもないのですが、日本史にのこる大事件の日に見合った記録写真として、去年春頃から神宮前信号角にパネルとして展示してありました。

|

« 1970年代 雑貨デザイン | トップページ | 量産的デザイン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/35749585

この記事へのトラックバック一覧です: 226事件の日・表参道:

« 1970年代 雑貨デザイン | トップページ | 量産的デザイン。 »