« 剛毅な鉄瓶 | トップページ | 父の挿絵・1936年『改造』 »

2011年2月13日 (日)

そよぐ風に気持ちよさそうな家。

Rimg29911

Edward Hopperさんにしては輪郭線が太い作品ですが、海岸線に近い建物を、「極めて風雨に強い物件であります・・・」と、言わんばかりに描かれています。とは言うものの、左奥には、家らしきものが傾いてますから、やはりこの場所は、厳しい風雨に晒されているようです。

全体に肌のきめが細かいような趣きですが、これはあくまでも、吸い込みの少ないカートリッジペーパーのような紙をつかったからで、この紙のタイプは色の発色が秀逸で、滲みはほとんどないものの、シャープな画趣の好きな日曜画家に長い間人気があります。

白い余白を最初に意識して描かれた青空が爽やかで、春を待ちこがれているバルコニー越しの家の主が、今にもこちらに向かって出てきそうです。

|

« 剛毅な鉄瓶 | トップページ | 父の挿絵・1936年『改造』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/36262393

この記事へのトラックバック一覧です: そよぐ風に気持ちよさそうな家。:

« 剛毅な鉄瓶 | トップページ | 父の挿絵・1936年『改造』 »