« 1953・江東界隈 | トップページ | 街並の基本は・・・。 »

2011年3月19日 (土)

1963年 自転車合宿

196327 1963年、高校一年生の8月3日から10日まで実施した自転車部昇格祈願の合宿は、毎日の食事が何といっても一番の楽しみでありました。食事担当の岩田君は各自の好みなど考える術もなく、典型的な野外食事、いわゆる戦飯(いくさめし)をコンセプトに組み立てましたが、合宿二日目の昼、コッペパンを固くしてしまったお叱りを部員から受け、ひどく憔悴してしまったので、この後は当番制で受け持ちしました。

この写真は五日目の夕食準備です。前日、私の叔母の家に泊まり、ご主人の計らいで八千穂村役場と折衝し、千曲川・川原でキャンプと洒落てみたのです。食事番の鶴見恭男さん企画のボンカレーライスの香りは、空きっ腹を刺激し続け、若者7人は大鍋のルーを一気に平らげ、追加のボンカレー、ジャガイモ・人参・豚肉などを入れつつも、暗くなりだした状況下では、闇鍋であった可能性も大有りでした。その上、防風壁を作るなどの余裕も無く、飯盒ご飯も風のあおりで時間がかかり、腹ペコペコ集団はイライラ集団へと、変身していくのでした。

それでも、満腹となれば眠くなるのが常。全員、川原の小石に背中が当たるのを不満ながらも、満天の星の下、9時過ぎには爆睡集団となりました。

今この写真を見ると、ずいぶん火力があるようで、川原の草に飛火しなかったことが奇跡のようであります。役場の職員も双眼鏡で我々の動向を見ていて、ハラハラしていたかも知れませんね・・・。

さて、突然のお知らせですが、このブログのディスク容量がオーバーとなったため、alpshima は本年12月12日をもって、書き溜めた毎日連載の記事が完了します。従いまして、タイムリーな記事を書き込みできなくなりましたので、今からでも新らしいアドレス http://alpensmile.cocolog-nifty.com/ のブログを、併行してご覧ください。

タイトルも alpshima 2 となりました。タイムリー記事・日記などを書き込みますので、時々クリックしてみてください。何とか、ほぼ毎日の書き込みをしたいと思います。是非とも12月12日までの alpshima と併読していただけるよう、宜しくお願いいたします。

|

« 1953・江東界隈 | トップページ | 街並の基本は・・・。 »

コメント

仙台で地震の被害に遭いキャンプ生活の知恵が役に立ちました。 関東方面の電力制限感謝申し上げます。朝、ラジオからのキャロル・キングの「君の友達」にひとり涙しました。
貴殿のブログも私の心を癒してくれます、感謝感謝。

投稿: 土筆 | 2011年3月19日 (土) 午後 12時17分

多少なりとも、お役に立てて光栄です。
alpshima

投稿: 土筆さん。 | 2011年3月19日 (土) 午後 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/36485631

この記事へのトラックバック一覧です: 1963年 自転車合宿:

« 1953・江東界隈 | トップページ | 街並の基本は・・・。 »