« J・COOKから、こんにちは・・・。 | トップページ | 1956 雛祭り »

2011年3月 2日 (水)

伊豆半島ツーリングは厳しかった 1964。

1964

196405

春の伊豆がいかに他所より穏やかな気候だとはいえ、自転車で受ける風はまだまだ冷たく、おまけに現在のようなハイテク下着などなく、純綿が一番だ・・・、などという時代でしたから、汗が冷え切り、うっかりすると風邪を引いてしまうのでした。

東京オリンピックの年、1964年の春休みに行われた伊豆半島ツーリングには『鬼の穂保・地蔵の帆足』と呼ばれた二人の健脚先輩が同行(鬼の穂保さんは血相を変え真っ赤になって怒ったり、突然スピード加速するからという所以。地蔵の帆足さんはまったく表情を変えずに追い抜いたり、厳しいお叱りを受けるものの、リカバリーもみごとで空気を穏やかにするからという所以)。それまでのんびりとサイクリングを楽しんでいた軟弱部員を鍛えなおそうと、日々その機会を窺っていたようですが、こちらはこちらで厳しいお仕置きを受けまいと、かなりマジになって走り抜いたのです。立派な舗装になる以前の、伊豆半島全体がこのような道路状況でしたから、太目のタイヤが小石に掬われたり、カーブで曲がりきれずにブッシュに突っ込むなど、ハンドル操作も一筋縄ではいきませんでした。

西伊豆・松崎にやっと着いたときの記念写真は疲労困憊ぶりが垣間見れますが、笑顔を絶やさないように見えるのも『鬼の穂保・地蔵の帆足』の「笑って笑って!」の命令を遵守しているからであります。全員若々しい太腿が悩ましいですね・・・。

|

« J・COOKから、こんにちは・・・。 | トップページ | 1956 雛祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/36751327

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆半島ツーリングは厳しかった 1964。:

« J・COOKから、こんにちは・・・。 | トップページ | 1956 雛祭り »