« 芭蕉と紫陽花 鈴木信太郎 1937年 | トップページ | 梅原さんの浅間山。 »

2011年3月13日 (日)

ヴィルフランシュ港をさらっと。

Rimg31284 その昔、デザイナーの必須アイテム、カラーマーカー・PM Padを駆使して、即座に描いたような堀内誠一さんの地中海です。

ほんとうにこの色彩どおりの光景が展開するのを経験した1967年のヨーロッパ旅行。モンテカルロ・カジノで、ブラックジャックで奇跡の大勝に導き、全員は予想だにしないバルセロナ旅行のボーナス。ひたすら地中海を左に見っぱなしで車を飛ばしたのです。地元の土で作られた屋根瓦と地中海のコバルトターコイズブルーとの補色対比がサングラスを掛けてさえ眩しく、全員苦虫顔となっていました。陽射しの強烈さに慣れない集団は疲れ、途中、坂を上り段々と眺望絶佳となれば、一休みしてシェスタ三昧となるのでした。

|

« 芭蕉と紫陽花 鈴木信太郎 1937年 | トップページ | 梅原さんの浅間山。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/36460941

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィルフランシュ港をさらっと。:

« 芭蕉と紫陽花 鈴木信太郎 1937年 | トップページ | 梅原さんの浅間山。 »