« 北斎・下目黒からの富士 | トップページ | 朝霧の旅立ち・三島 広重 »

2011年4月29日 (金)

向島 都市懐旧 1947

1954 父の遺していった雑誌資料は、もう何でもありといった状態で、遺していったというよりは、忘れたままといった表現が正しいほどです。

比較的多かったのが、アサヒグラフや週刊新潮のグラビアなどで、風俗に関わる写真が多くありました。

この写真は昭和22年と記録されていて、私の生まれた年でもあります。場所は向島ですが、この家屋の仮設屋根の両脇の結界は何の意味なのでしょう、近づくお祭りに向けた商店としての心意気でしょうか。それと、右の板塀に隙間がありますが、これなどは、何らかの理由(例えば、時代的に暖房燃料の確保が難しく、外壁板の一部をはがして使ってしまった・・・など、)があったのでしょう。

今では、都市懐旧としての、レトロな光景として捉えがちでありますが、この時代、まだまだ、劣悪な暮らしぶりであったのでしょうが、地元の祭りに対する配慮は怠らなかったことを、この一枚の記録からも読み取れます。

|

« 北斎・下目黒からの富士 | トップページ | 朝霧の旅立ち・三島 広重 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/32743499

この記事へのトラックバック一覧です: 向島 都市懐旧 1947:

« 北斎・下目黒からの富士 | トップページ | 朝霧の旅立ち・三島 広重 »