« 絶景だった高幡不動 1956 | トップページ | 1955 信州の大工さんが作った犬舎。 »

2011年4月11日 (月)

霧のミルクも来てた。1970年

1970411

何十年も保管してきた『芸術新潮』を整理しているうち、一瞬、「要らないなあ・・・」と思い、名残惜しくパラパラとページをめくるたびに虜となったのが、あの、谷内六郎さんの特集でした。

2001年5月号には谷内さんの全てが埋まっているように思い、この号は捨てるわけにはいかない・・・、と感じ、とっておくこととなりました。

この水彩画は週間新潮1970年4月11日号の表紙で、『霧のミルクも来てた』と何ともシュールな題名がついています。現実と幻想の橋渡しでもなく、郷愁的・抒情詩的というものでもなく、この作家の持つ誰にも真似ることのできない感性の発想を定着させたに過ぎないのですが・・・。季節・時間・温度・湿度をなぜこのシンプルな画風に封じ込めることが出来たのか・・・、それだけが不可解なだけであります。

きっと何か意図的なことがあるのに違いないと感じていても、そのことを勘繰る私の卑しさをあらためるしかないのが、この傑作でしょうか・・・。

|

« 絶景だった高幡不動 1956 | トップページ | 1955 信州の大工さんが作った犬舎。 »

コメント

懐かしい画家の絵です、ふと思う、この絵を額縁に入れるとすればどのような額が納まりが良いのだろう?

投稿: JP | 2011年4月11日 (月) 午後 04時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/38209622

この記事へのトラックバック一覧です: 霧のミルクも来てた。1970年:

« 絶景だった高幡不動 1956 | トップページ | 1955 信州の大工さんが作った犬舎。 »