« 格闘技のような自転車レース。 | トップページ | 1877年 品川駅は海のほぼ上。 »

2011年6月25日 (土)

ノーマン・ロックウエル 家出

Nr2

Runawayと題された、ノーマンさんの挿絵です。兄弟とのちょっとしたいざこざから、家を飛び出したものの、地域コミュニティがしっかりしているこの町では、大人がきちんと子供を見守っているようで、お巡りさんが男の子を優しくダイナーに連れて行って、大好きなソーダ水を飲ませて、店主と一緒に、ことのいきさつを聞きつつ相談に乗っている・・・、といった状況でしょうか。

床に置かれた布には何が入っているのでしょう。大好きなベースボールのグローブか、それとも、野宿をするための最小の荷物なのか・・・、小さい頃から独立心を育むアメリカの教育視線を、ちょっと斜め目線から捉えた秀作です。

ジーンズの素材感、当時は大人も子供も同じような髪型だったクルーカットの毛の流れ、右手カウンター奥に見えるパイレックス・パーコレーターなどなど、ディテールがたまりません。

ペンキで塗られたような店舗空間とみごとにマッチした、1958年・Saturday Evening Post 9月20日の表紙の原画です。

|

« 格闘技のような自転車レース。 | トップページ | 1877年 品川駅は海のほぼ上。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/35333659

この記事へのトラックバック一覧です: ノーマン・ロックウエル 家出:

« 格闘技のような自転車レース。 | トップページ | 1877年 品川駅は海のほぼ上。 »