« 1887年 市ヶ谷陸軍士官学校 | トップページ | アルフレッド・ウォリス 『ロバがいた』 »

2011年6月 6日 (月)

広重・高崎の様子

Photo 木曾海道六拾九次・高崎の一枚です。分かりやすい構図と、旅人とお金でも無心している輩の風俗展開が、単なる観光振興の手段としての浮世絵でなく、江戸時代の生活情報が伝わってきます。

全体の色のトーンが褪せているとはいえ、木々の漆黒がコントラストとなり画面を引き締め、却ってモダンな雰囲気を助長していています。古典的な構図ではありますが、榛名山に引き込まれるような街並の遠近感が美しい作品です。

|

« 1887年 市ヶ谷陸軍士官学校 | トップページ | アルフレッド・ウォリス 『ロバがいた』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/32803182

この記事へのトラックバック一覧です: 広重・高崎の様子:

« 1887年 市ヶ谷陸軍士官学校 | トップページ | アルフレッド・ウォリス 『ロバがいた』 »