« 私の食物誌 | トップページ | 明治末期 帝国劇場 警視庁 »

2011年7月 5日 (火)

大正初期 現在の泰明小学校より新橋方面を望む。

PhotoUg Rfcvg_2いい景色だったのですね・・・。大正初期の帝都東京名所絵葉書は彩色された稚拙な仕上がりですが、レトロ感は十二分にあって、このタイプを「お好きな方々」には垂涎のコレクターズアイテムであります。

この場面は、現在の銀座・泰明小学校正門辺りからコリドー街・新橋方面ですが、初代帝国ホテルが列車の後ろに見えています。線路が敷かれる前はこの御堀とともに西欧建築の絶景ポイントとして有名な場所でありましたし、現在の場所とはずいぶん違っていたのです。

この赤煉瓦は今も一部健在で、居酒屋などが軒を並べた飲み屋街の雰囲気とよく似合っています。ついでに、現在の山手線の高架下にはハイヤー会社からバーまで混在していて、ちょっと時間の止まってしまった気分が味わえます。

|

« 私の食物誌 | トップページ | 明治末期 帝国劇場 警視庁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/37462171

この記事へのトラックバック一覧です: 大正初期 現在の泰明小学校より新橋方面を望む。:

« 私の食物誌 | トップページ | 明治末期 帝国劇場 警視庁 »