« 1970年・ヒット家具 | トップページ | 大正初期 現在の泰明小学校より新橋方面を望む。 »

2011年7月 4日 (月)

私の食物誌

Rimg32112

Photo

以前、文庫で読んだ本を、単行本に買い換えて読むと、同じ文体であるものの、言葉以外から伝わってくるものが違うことに気付きます。装丁の力なのか、組版の違いなのか・・・、同じ情報内容であるながら、受ける側の印象は別物なのであります。

電子出版のトレンドは進化することはあっても、退化するなど考えられない時代となったものの、一冊、一冊の紙から伝わるものは違いがあって当然で、利便性と文化性の違いとでも云っておきましょうか・・・。

吉田健一さんの名著『私の食物誌』は昭和40年から46年にかけて、読売新聞に連載されたシリーズをまとめたものですが、高度成長時代のど真ん中の食に関わる和と洋の対比、慎ましかった日本食文化が洋風化に傾斜していく流れなど、吉田さん独特のユーモアとひねりを加味して、伝わります。日本全国の美味しいもの・旨いものに対して、このような視点・観点があることを改めて認識させてくれますし、言葉の達人として読み手に広がるイメージの拡散など、その文体の品格が素晴らしいのであります。

|

« 1970年・ヒット家具 | トップページ | 大正初期 現在の泰明小学校より新橋方面を望む。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/37243256

この記事へのトラックバック一覧です: 私の食物誌:

« 1970年・ヒット家具 | トップページ | 大正初期 現在の泰明小学校より新橋方面を望む。 »