« 1945 Paris これからどうする。 | トップページ | エドワード・ホッパー・The Mansard Roof 1923 »

2011年8月17日 (水)

1926 豪華客船の見送り。

Rimg30662 イギリスの豪華客船・Barengaria号を見送るサザンプトン港の光景ですが、佳き時代を彷彿させてくれます。階級差の明確だったヨーロッパの船旅では、部屋からサービスまで、それははっきりとした格差があったものの、不満など言う野暮な輩などいなく、夫々のクラスでの楽しみを謳歌していたそうです。

1926年(昭和1年)http://www.youtube.com/watch?v=F_kGpLmLudw の8月頃の写真ですが、手前の構造物をがっしりと組み込んだあたりはモダニズム黎明時らしい構図です。

見送る人たちは服装からしてかなり上のクラスと思われますが、まだまだ船旅も危険な冒険に近い時代でしたから、内心は不安感一杯の見送りであったに違いありません。それでも、船中では毎晩毎晩エンターテイメントが目白押しで、ダンス・仮装パーティーなど乗客を飽きさせない企画が不安感を消すのに役立っていたようです。

|

« 1945 Paris これからどうする。 | トップページ | エドワード・ホッパー・The Mansard Roof 1923 »

コメント

ご無沙汰しております。イギリスの豪華客船とはいきませんが、曽祖父も客船の船長をしておりました。欧州航路、北米航路など長い旅で、「船の航行が安全な状況ならば、船長として一番大事な任務は社交だ」と申していたそうです(祖母・談)。本当は美術学校に進みたかった曽祖父は、船で竹内栖鳳さんなど、画家のかたたちと交流があったということでした。
戦争で何もかもが灰になり、私は祖父母や母の話を聞いてただ想像するだけでしたが、船旅の空想はとても愉しいのです。

投稿: kadoorie-ave | 2011年8月17日 (水) 午前 01時03分

ご無沙汰です。拙ブログをご覧いただきありがとうございます。12月13日を以て、このサイトは閉じますがalpshima 2も宜しくお願いします。alpshima

投稿: kadoorie-aveさん。 | 2011年8月17日 (水) 午後 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/37738026

この記事へのトラックバック一覧です: 1926 豪華客船の見送り。:

» 初心者FX [初心者FX]
初心者FXランキング 初心者FXランキングは、FX初心者へFXの基礎知識、FX会社の選び方をご紹介。 低スプレッド、信託保全、手数料無料、サービスの充実度でFX比較しています。 [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 午後 10時02分

« 1945 Paris これからどうする。 | トップページ | エドワード・ホッパー・The Mansard Roof 1923 »