« 明治44年 馬場先門先 | トップページ | 叱られているのか?。 »

2011年9月18日 (日)

1897 明治22年 九段坂

1899_22

そうだった・・・、道は人のためだった・・・、ということをライブ感覚で記録した写真の撮影場所は、云わずと知れた九段坂です。

時は明治22年。

2月1日:東京・銀座に御木本幸吉が真珠店を開店。

6月:東京・浅草に三光堂が開店。初の蓄音機専門店。

  • 8月4日:東京・新橋(現=中央区銀座8丁目)に日本麦酒醸造会社(現=サッポロビール)がヱビスビールの宣伝のために「恵比寿ビヤホール」を開店。日本で最初のビヤホール。 8月15日:東京・赤坂溜池で、森永太一郎がキャンデー、ケーキの製造を開始。森永製菓の前身。カカオ豆から加工する日本初のチョコレート一貫製造を開始。これにより大量生産が可能になった。

などなど、外国のまねをしながら、日本人も新しいことの目白押しです。かたや九段坂では昔と変らず、しゃも料理を食べてこの急坂を上る前の腹ごしらえでもするのでしょう。左手の看板はたいそう繁盛していた店の気配が記録されています。まもなく此処を自動車が走り始め、無神経にも土埃を舞い上げつつ九段坂上まで一気に上るのを見ていた人力車夫が、いち早く商売替えを考え始めた時代です。

|

« 明治44年 馬場先門先 | トップページ | 叱られているのか?。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/38150275

この記事へのトラックバック一覧です: 1897 明治22年 九段坂:

« 明治44年 馬場先門先 | トップページ | 叱られているのか?。 »