« デュフィーの肖像写真 | トップページ | 神保町の古典的窓枠? »

2011年9月22日 (木)

1900年(明治33年) 室町の光景

33

いい光景ですね・・・。連なる家並が室町ということですから、この画面の左は日本橋方面です。とすると、手前の橋は鎧橋ということでしょう。

日本橋川が魚河岸を中心とした物流動脈として機能していた雰囲気が記録されています。河岸には洋風建築が見られるものの、日本の伝統商家との相性も違和感がありません。真中にちらっと見える橋は江戸橋でしょうか。関東大震災でほぼ全滅したこの界隈は帝都復興ですっかり街並・道並が変ってしまい、江戸橋の位置もこの写真よりぐっと左手に移動してしまいました。明治33年は日本橋三越が近代百貨店としてスタートし始めた年で、この界隈もひたひたと商売の流れが新たに動き始めた頃です。

|

« デュフィーの肖像写真 | トップページ | 神保町の古典的窓枠? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/38170987

この記事へのトラックバック一覧です: 1900年(明治33年) 室町の光景:

« デュフィーの肖像写真 | トップページ | 神保町の古典的窓枠? »