« 明治初期 神田川から駿河台を見上げる。 | トップページ | 広重・回向院元柳橋 »

2011年9月 7日 (水)

暗闇でドッキリ

Rimg29751 エドワード・ホッパーさんは、解放感あふれたスポーティな郊外画風と、都会の寂しさ、哀しさを暗示する画風などで表現がまったく異なり、技法の幅が広いのです。

この作品などは、劇画のような暗示に満ちたもので、四コマ展開であれば話の筋道がつきそうでありますが、このワンカットですから、観る側の想像力しかこのエッチングを評価できませんね。

コーナーに映る影が何かを象徴しているのか、この影の手前と先で何か意味が違うのか・・・、などと詮索も尽きないのであります。私も、下を向いて歩いていて、突然、不思議な影が視界に入り、ドキッとすることがありますが、そのときの気配を俯瞰で冷静に捉えているのかも知れませんね・・・。

|

« 明治初期 神田川から駿河台を見上げる。 | トップページ | 広重・回向院元柳橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/35915454

この記事へのトラックバック一覧です: 暗闇でドッキリ:

« 明治初期 神田川から駿河台を見上げる。 | トップページ | 広重・回向院元柳橋 »