« Bostonのトラッドな街並。 | トップページ | トレーラーハウスの経年変化 »

2011年10月 6日 (木)

石井伯亭 『並蔵』 1913

1913 大正時代の日本の絵画には海外留学した画家以外、独特の重厚感のあるものが多く、この石井伯亭の描く松江の蔵の風景にも、コンテとグアッシュでのびのびと描かれているものの、重さと暗さが表れています。この暗さが、昭和初期まで日本絵画の一方の旗頭となっていて、今も、この暗さを求める絵画フアンも、少なくないのです。

水墨画に着色したような雰囲気は、アカデミックなモチーフを主題にしていながら、水面に映る表現などはリアリズムに少しモダニズムを感じますし、画面全体の引き締まった画趣には西欧には見られない、風雅ささえ覚えます。

|

« Bostonのトラッドな街並。 | トップページ | トレーラーハウスの経年変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/34905531

この記事へのトラックバック一覧です: 石井伯亭 『並蔵』 1913:

« Bostonのトラッドな街並。 | トップページ | トレーラーハウスの経年変化 »