« 三代広重 1875 東京第一名所 永代橋之真景 | トップページ | 鳳凰雲・火炎雲 »

2011年10月25日 (火)

議事堂のある風景 1942年 松本竣介

1942 太平洋戦争に突入したものの、ミッドウエィ海戦に於けるお粗末な指示系統の判断ミスが、その後の運命を決定づけてしまった年に描かれた作品です。世間は参謀本部の情報統制により事実を伏せられたまま、勝ちっぱなしを信じ、有頂天になっていたものの、直観力に神がかったものを持つ松本竣介は、既に荒廃した暗示のような世界を描いています。

画趣だけで観れば、透明でありながら荒々しい表現は、松本竣介の孤高の誌的世界であります。体制打倒などのメッセージしか描けない単純な左翼画家とは違い、美しくも寂寥感に溢れた混色の環境表現は、永田町の権力者だけが知っていた、ニッポンの実態を象徴しているようであります。

|

« 三代広重 1875 東京第一名所 永代橋之真景 | トップページ | 鳳凰雲・火炎雲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/38463990

この記事へのトラックバック一覧です: 議事堂のある風景 1942年 松本竣介:

« 三代広重 1875 東京第一名所 永代橋之真景 | トップページ | 鳳凰雲・火炎雲 »