« 1897 日本セメント八代工場 | トップページ | 広重 木曾街道六拾九次内 妻籠 »

2011年10月28日 (金)

デュフィのさっぱりクロッキー

Dufy15 美術を志すにも技術がなければ何の意味もなさないのでありますが、このデュフィのクロッキーを観ると、即興ながら動きと構成・余白を瞬時に捉えていることなどから、この画家の力量がいかほどのものか・・・、分かろうというものです。

ロンシャン競馬場にたむろする、紳士の様子でありますが、風俗画としても一級ですし、線の太さを自由自在に使い分けられる腕の筋肉の鍛錬さえもうかがえるようです。さらに、余白さえも練り上げたかのような構図が、登場する一人ひとりの動きをストップモーションのように切り取ったかのようであり、エレガントな題材ながら、ダイナミックな作品となっています。

|

« 1897 日本セメント八代工場 | トップページ | 広重 木曾街道六拾九次内 妻籠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/29140766

この記事へのトラックバック一覧です: デュフィのさっぱりクロッキー:

« 1897 日本セメント八代工場 | トップページ | 広重 木曾街道六拾九次内 妻籠 »