« 1927 鈴木信太郎 『静物』 | トップページ | 1946 Paris »

2011年10月19日 (水)

光悦の黒楽茶碗 『七里』

Photo_2 剛毅で美しく、おまけに幽玄な姿は、作ろうと思って生まれるものではなく、釜の中の炎に委ねた神頼みの成せる業なのです。

不思議なもので、茶道具の中でも別格扱いな茶碗の評価は千差万別・唯我独尊・・・、夫々が勝手に一人歩きしてしまい、「素晴らしい器」があるということを無視するが如く、枝葉末節からの視点で褒め称えます。

しかし、この本阿弥光悦の『七里』などは、もう何の評価も要らず、存在そのものが奇跡の姿です。炎に委ねる以外、人間が施せる造形美としての高台処理・口縁のゆらぎ・緊張感のある直線性・・・、などは作為の領域ですが、素地のみえる釉薬の掛け外し部分は、炎の戯れとはいえ、みごとな間を演出していますね。

三井の益田鈍翁の旧蔵品で、現在は、五島美術館の所蔵となっています。

|

« 1927 鈴木信太郎 『静物』 | トップページ | 1946 Paris »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/38394832

この記事へのトラックバック一覧です: 光悦の黒楽茶碗 『七里』:

« 1927 鈴木信太郎 『静物』 | トップページ | 1946 Paris »