« 中央通り 京橋と日本橋間 1882 | トップページ | 父のデッサン リンゴ »

2011年11月26日 (土)

1881年 銀座・朝野新聞社

1881

30

自由民権運動が台頭し、ジャーナリズムの良心の旗頭として、明治中頃まで、都市のリベラリストに人気のあった、朝野(ちょうや)新聞社の1881年(明治11年)の威風堂々な姿です。実は、現在の銀座四丁目交差点・和光のある場所に明治9年から明治27年まで営業していたのが朝野新聞社でした。http://blog.hix05.com/blog/2008/10/post_792.html

錦絵からも、その繁栄振りがうかがえますし、瓦版に慣れ親しんだ大衆素地があったからこそ、平民目線のジャーナリズムは人気を博していったのでしょう。残念にも明治27年、突然、朝野新聞社は解散、その場を服部時計店が買い取ります。姿かたちは変りましたが、その後、連綿と今日の銀座交差点のランドマークとして存在感は格違いであります。

こうしてみると、現在の和光の正面入口も不思議な処にあると思いませんか。銀座名物としての、あの巨大なウィンドーを楽しむことは出来なかったでしょうが、家相的には明治30年代の服部時計店の正面入口がごくごく当たり前の位置ですよね・・・。曰くありげな予感がしてきましたよ・・・。

|

« 中央通り 京橋と日本橋間 1882 | トップページ | 父のデッサン リンゴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/36351277

この記事へのトラックバック一覧です: 1881年 銀座・朝野新聞社:

« 中央通り 京橋と日本橋間 1882 | トップページ | 父のデッサン リンゴ »