« 父の絵画研究。 | トップページ | 江戸橋 明治初期 »

2011年11月21日 (月)

アルフレッド・ウォリス 走る帆船

14 封筒と思しき紙の上から、描かれた帆船は、みごとなまでのリアリティがあって、素晴らしいのひとことしかありません。

アルフレッド・ウォリスさんの漁師としての実体験がこの絵を描かせたのでしょうが、波の動き・漆黒の海原ともに、厚く描かれた効果が、良く出ています。

しっかりと張った帆は風を受けてぐんぐんと前進して、そのスピード感も半端ではありません。普通の画家であれば、上の部分に上手く納まるようにこの帆船を描くのでしょうが、美術教育をまったく受けなかったウォリスは、そんなことお構いなしで、はみ出してしまいましたが、却ってアンバランスが生まれ、躍動感を助長させてくれます。

|

« 父の絵画研究。 | トップページ | 江戸橋 明治初期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/29323171

この記事へのトラックバック一覧です: アルフレッド・ウォリス 走る帆船:

« 父の絵画研究。 | トップページ | 江戸橋 明治初期 »