« 木曾海道六拾九次 洗馬 | トップページ | 戦前の一橋界隈 松本竣介 『市内風景』1941年 »

2011年11月30日 (水)

池上の夕暮れ

Hasui_ichinokura1

昭和3年(1928年)に作られた版画としか分かりませんが、実に沈む太陽の寂しさが感じられる一枚です。

作家は分かりませんが、腕の立つ職人肌の人物でしょう。逆光に辛うじて認識できる畑の茶褐色の色彩が上等ですし、作業を急ぐ近在農家の人の位置がみごとな納まりです。農作物が分かりませんから時季もあいまいですが、経験的にこの画のもつ空気感からして晩夏から早秋の頃でしょう。池上のどのあたりか分かりませんが、本門寺に近い気配が何とはなしに感じるのであります。

さて、お知らせですが、このブログのディスク容量がオーバーとなる、本年12月12日をもって、alpshima毎日連載の記事が完了いたします。現在、記事のストックがいっぱいとなり、 alpshima にタイムリーな記事を書き込みできなくなりましたので、今からでも新らしいアドレス http://alpensmile.cocolog-nifty.com/ のブログを、併読ください。

タイトルも alpshima 2 といたしました。タイムリーなできごと・散策日記などを書き込みますので、時々クリックしてみてください。何とか、ほぼ毎日の書き込みをしたいと思います。12月12日までの alpshima と併読していただけますよう、宜しくお願いいたします。(このお知らせは、今後のブログで随時記載いたします。)

|

« 木曾海道六拾九次 洗馬 | トップページ | 戦前の一橋界隈 松本竣介 『市内風景』1941年 »

コメント

This is a really intelligent way to answer the qsuetion.

投稿: Terrah | 2011年12月14日 (水) 午後 04時49分

To think, I was confused a mintue ago.

投稿: Jayne | 2011年12月15日 (木) 午前 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/38945368

この記事へのトラックバック一覧です: 池上の夕暮れ:

« 木曾海道六拾九次 洗馬 | トップページ | 戦前の一橋界隈 松本竣介 『市内風景』1941年 »