« 父の挿絵 1928年 | トップページ | 麗江は行ってみたい。 »

2011年12月 9日 (金)

OPINEL

Rimg29357

野外活動派の皆さんにはお馴染みのOPINELですが、大雑把なアメリカンではなく繊細なフレンチメィドですから、商品のサイズ・用途も巧みなセンスで展開しています。「ナイフなどは一本あれば十分だ・・・」などと仰らずに、その使い勝手の違いを楽しんでみたらいかがですか。

OPINELのサイト   http://www.opinel.com/ は男臭いアウトドアライフのイメージなど一掃していて、その洒落たBGMからして、ワインなくして会話も進まずといったところでしょうか。

因みに、定番のナイフ・#8は、使い終えたらきちんと油を塗るなりメンテナンスをしておきませんと、錆び付いていたことのある経験をおもちの皆さんも多いかと思います。日本製の商品と違い、「ご自分のことはご自分で・・・」という生活習慣が行き届いているフランスの商品は、必ず、ご自分でメンテナンス・補修・点検の習慣化をお願いいたします。

|

« 父の挿絵 1928年 | トップページ | 麗江は行ってみたい。 »

コメント

確か映画のフレンチコネクションで、ギャングのボスが
孤島の磯で牡蛎を見付、ポケットから無造作に小形の
ナイフをとり出して牡蛎の身を殻から外し一口で食した
光景が強く記憶にあります。
いま考えると粋な所作でした。

投稿: JP | 2011年12月 9日 (金) 午前 07時00分

Have no cash to buy a building? Worry not, because it is available to receive the credit loans to solve such kind of problems. Thus take a student loan to buy all you need.

投稿: JohnnieDUNLAP31 | 2012年3月 1日 (木) 午前 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/36484018

この記事へのトラックバック一覧です: OPINEL:

« 父の挿絵 1928年 | トップページ | 麗江は行ってみたい。 »